隠れ肥満 皮下脂肪

隠れ肥満解消にも効果的!?
お腹の脂肪を減らすのをサポートする機能性表示食品!
↓↓詳細はこちら↓↓



皮下脂肪が原因の隠れ肥満を解消する方法

 

隠れ肥満,皮下脂肪

 

皮下脂肪が原因となる隠れ肥満は女性に多い肥満です。

 

「皮下脂肪型肥満」や「リンゴ型体型肥満」とも呼ばれています。

 

皮下脂肪が付き過ぎると重大な病気を引き起こすリスクがあるので、ぜひとも解消していきたいですね。

 

 

皮下脂肪が原因の隠れ肥満を解消するための3つの方法

 

皮下脂肪を落とす方法として以下の3つがあります。

 

 

1.有酸素運動と筋トレを一緒に行う

 

有酸素運動と筋トレを組み合わせて行うことで、基礎代謝がアップし脂肪が燃焼されます。

 

すると皮下脂肪が付きにくい体へと変わります。

 

また、筋トレには成長ホルモンを分泌する働きがあります。

 

成長ホルモンには脂肪を分解する作用があるので、より脂肪が燃えやすくなるのです。

 

 

筋トレと有酸素運動を行う時は、

 

最初に筋トレ、その後に有酸素運動

 

この順番で行いましょう。

 

先に筋トレを行うことで、有酸素運動をした時の脂肪燃焼効果が高まります。

 

 

2.マッサージする

 

皮下脂肪が付きすぎると、体内にセルライトと呼ばれる物質が発生します。

 

セルライトはいわゆる脂肪の塊のことで、女性の隠れ肥満の大きな原因です。

 

 

そこで、脂肪の気になる部分をマッサージすることで、リンパの流れが良くなり、体内に蓄積された老廃物が排出されます。

 

すると、セルライトが生成されないようになります。

 

 

ただし、マッサージは直接皮下脂肪を減らす効果がありません。

 

あくまで脂肪燃焼をサポートするだけであることを覚えておいてください。

 

 

3.食事方法を見直す

 

食事方法を見直すことで、皮下脂肪を減らすことができます。

 

たとえば、

 

・脂っこいものは控える

 

・お腹が空いていない時は何も食べない

 

・タンパク質をたくさん摂る

 

など、食事方法を見直すことで皮下脂肪を減らすことに繋がります。

 

カロリーの過剰摂取は脂肪が付く原因ともなるので、ぜひともこれまで食事方法を見つめ直してください。

 

>>隠れ肥満を解消する具体的な食事方法はこちら

 

 

皮下脂肪型隠れ肥満を放置するとどうなる?

 

皮下脂肪が原因の隠れ肥満を放置すると、乳がんや子宮筋腫などの重大な病気を引き起こす可能性があります。

 

これらは女性特有の病気ですので、女性にとって皮下脂肪を減らすことがいかに重要かがわかりますよね。

 

皮下脂肪は一度付いてしまうとなかなか落ちず、皮下にずっと蓄積されてしまいます。

 

そうなると、隠れ肥満から本当の肥満にグレードアップしてしまいますので、ぜひとも今のうちから解消しましょう。