隠れ肥満 食事

隠れ肥満解消にも効果的!?
お腹の脂肪を減らすのをサポートする機能性表示食品!
↓↓詳細はこちら↓↓



隠れ肥満を解消するための食事方法

 

隠れ肥満,食事

 

隠れ肥満を解消するためには、食事方法に気を付けることが必須です。

 

若い頃の同じよに甘いものや高カロリーのものを食べていては、その分だけ太ってしまいますからね。

 

ここでは、隠れ肥満を解消する食事方法で守るべきことを5つのポイントでまとめてみました。

 

 

隠れ肥満を解消する食事方法で守って欲しい5つのポイント

 

 

お腹が減っていない時は食事を控えめに

 

お腹が減っていないのに、ついつい食べ過ぎてしまうことってありませんか?

 

でもこれでは、隠れ肥満を解消するどころかますます太ってしまいます。

 

なので、お腹が減っていない時は食事量を控えめにしてください。

 

食事量を控えめにすることで、太りにくい体質へと変わっていきます。

 

 

タンパク質をしっかり摂る

 

タンパク質は隠れ肥満解消に効果的です。

 

なぜなら、タンパク質には脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させる働きがあるからです。

 

リパーゼが活性化すると、その分体脂肪が燃焼されやすくなるので、隠れ肥満解消に効果的というわけなんです。

 

また、タンパク質には基礎代謝を上げる働きがあるので、より脂肪燃焼効果が期待できます。

 

タンパク質を豊富に含む食べ物には、

 

・豆腐
・卵
・牛乳
・ヨーグルト
・大豆
・魚介類

 

などがあります。

 

 

脂身の多いお肉を食べるのは厳禁

 

霜降り肉のような脂身の多いお肉を食べるのは厳禁です。

 

なぜなら、体内に脂身が吸収されるからです。

 

すると、肥満はどんどん加速してしまいます。

 

もしお肉を食べたいなら、赤身にしましょう。

 

赤身にはタンパク質が豊富に含まれているので、代謝がアップして脂肪が燃焼されます。

 

 

毎食汁物を取り入れる

 

味噌汁やスープなどの温かい汁物は、体を温めてくれます。

 

体が温まると脂肪が燃焼されやすくなるので、隠れ肥満解消に効果的なんです。

 

汁物はインスタントでも問題ありません。

 

ただし、カロリーや塩分があまりにも高すぎるものは避けるようにしてください。

 

スープはるさめやワカメの味噌汁などは、カロリーも低めなのでオススメですよ。

 

 

小麦が主原料の食べ物は控える

 

パンやラーメン、パスタ、ピザなど小麦が主原料の食べ物はなるべく控えてください。

 

なぜなら、これらの食べ物は体を冷やす働きがあり、脂肪が燃焼されなくなってしまうからです。

 

また、炭水化物を抜くためにご飯の代わりにパンを食べる女性が多く見受けられます。

 

ですが、パンを食べるならご飯を食べた方がマシです。

 

ご飯は消化が良く、体内に吸収されやすいので、パンに比べると脂肪燃焼効果が高いです。

 

ただし、お茶碗3杯も4杯もご飯を食べるのはNGです。

 

お茶碗1杯くらいに抑えるようにしてくださいね。