隠れ肥満 定義

隠れ肥満解消にも効果的!?
お腹の脂肪を減らすのをサポートする機能性表示食品!
↓↓詳細はこちら↓↓



隠れ肥満の定義

 

隠れ肥満,定義

 

「見た目は太っていないのに、体脂肪が多い」このような状態にあるのが隠れ肥満です。

 

でもこれって少し曖昧だと思いませんか?

 

「実際にどれくらいの体重だと隠れ肥満なのだろうか?」

 

「どの程度の体脂肪率で隠れ肥満になるの?」

 

こんな疑問を抱きませんか?

 

そこでここでは、隠れ肥満の正確な定義についてお伝えしたいと思います。

 

 

隠れ肥満の定義はコレ!

 

一般的に隠れ肥満の定義は、

 

体脂肪率30%以上

 

のことを指します。

 

体重は関係ありません。

 

つまり、いくらスリムであっても、体脂肪率が30%以上なら「隠れ肥満」ということになるんです。

 

ちなみに男性の場合は体脂肪率25%以上で隠れ肥満となります。

 

食事量を減らすだけで運動を一切しなかったり、ダイエットによりリバウンドで脂肪だけが増えたりした場合は要注意です。

 

隠れ肥満は一見太っているように見えないので、そのまま放置しがちです。

 

しかし、そのままにして置くと、生活習慣病になったり、体型が崩れたりしてしまいます。

 

 

隠れ肥満には2種類ある

 

実は隠れ肥満には2種類あることをご存知ですか?

 

「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」です。

 

この2つの違いについてお伝えしますね。

 

皮下脂肪型肥満

 

皮下脂肪型肥満は皮膚の下にある皮下組織に脂肪が溜まるタイプの肥満のことです。

 

皮下脂肪の多い肥満と考えてもらえばわかりやすいと思います。

 

下っ腹や太もも、お尻などに贅肉が付いてしまうのが特徴です。

 

洋ナシのような体型から洋ナシ型肥満と呼ばれることもあります。

 

この皮下脂肪型肥満は女性に多く、一度付くとなかなか落とすことができません。

 

 

内臓脂肪型肥満

 

内臓脂肪型肥満は内臓に多くの肥満が付いてしまうタイプの肥満を指します。

 

まるで妊婦さんのようにぽっこりしたお腹になるのが特徴で、その体型からリンゴ型肥満とも呼ばれます。

 

内臓脂肪型肥満は男性に多いタイプの肥満です。

 

内臓脂肪は皮下脂肪に比べると分解されるのが早いため、落としやすいという特徴があります。

 

どれくらいの体脂肪率が理想的?

 

では、30代女性の理想的な体脂肪率はどのくらいでしょうか?

 

以下の表とご自分の体脂肪率を照らし合わせて見てください。

 

痩せ 体脂肪率20%以下
標準(-) 体脂肪率21%〜27%
標準(+) 体脂肪率28%〜34%
軽肥満 体脂肪率35%〜39%
肥満 体脂肪率40%以上

 

 

ちなみに、体脂肪率30%はどんな体型なのかというと、以下の画像を見てもらえればすぐにわかります。

 

隠れ肥満,定義

 

どうですか?

 

あなたの体型はどれに近いでしょうか?